スポンサードリンク

2014年02月26日

確定申告 2014 用紙 書き方

2カ所以上の会社から給料をもらっている方も確定申告が必要な場合があるそうです。メインの給与所得以外の所得が20万円を超えていれば原則として申告が必要になるようです。国税庁のホームページを活用するとかなり確定申告についても色々な情報を入手できそうです。確定申告書等作成コーナーというところでは、申告書の自動作成ができるそうですし、確定申告期に多いお問い合わせ一覧も掲載されているので便利ですね。確定申告の申告書には第一表と第二表がありますね。第二表は第一表の明細のような位置づけになっています。


posted by 確定深刻 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 2014 用紙 書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

確定申告 2014 用紙 個人

デイケアなどの介護を受けているとき、指定介護老人福祉施設なんかが発行する領収書に医療費控除対象となる金額が記載されているので、確定申告の際に計算に入れられそうです。e-Taxを使って確定申告をすると一定条件のもとで電子証明書等特別控除として税額控除を受けられるそうです。医療費控除できる一つの目安は一年で使った医療費が10万円を超えたかどうかだそうです。自分と家族の医療費を合わせた額によっては控除が受けられるので申告するのがよいですね。
posted by 確定深刻 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 2014 用紙 個人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

確定申告 2014 用紙 b

確定申告では申告する所得や目的によって用紙が変わってくるそうです。申込書Aと申込書Bと分離課税用の3つがあり、サラリーマンやOL、公的年金や個人年金を受け取っている方は申込書A、個人事業主や不動産賃貸収入がある方は申込書B、不動産や株式を売ったり、退職所得があった方は分離課税用を使うそうです。確定申告書を提出する前にチェックした方がいい点は、住所氏名などがもれなく書かれているか、印鑑が申告書におされているか、申告書に添付する書類がすべてそろっているか、添付書類を添付書類台紙に添付しているか、の4点だそうです。提出する直前にもう一度確認するのが良さげですね。確定申告の用紙には申告書Aと申告書Bがあって、個人事業主は申告書Bを使うそうです。
posted by 確定深刻 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 2014 用紙 b | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
確定申告 2014 用紙」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。